book

「カッコカワイイ宣言!」

結局買っちゃったよー、やばくない?俺超やばくなーい? 地獄のミサワの「女に惚れさす名言集」

「明治 大正 昭和 不良少女伝 -莫連女と少女ギャング団」

近代日本のヤンキー列伝。 強請りや売春など、不良のやる事はいつの時代も同じ。かつての丸ビルは女ギャングの巣窟だった。恵まれた上流階級でもグレる少女、そしてそれを嬉々として記事にする新聞記者など。 ちなみに“モダンガール”と“モガ”で、意味合いが…

「冬桜―隅田川御用帳」「夏の霧―隅田川御用帳」

図書館で冒頭立ち読みしたら面白そうだったので。 切り捨て御免の勧善懲悪、テレ東の昼間にやってそうな時代劇だな。

立ち読みしたら。

結構ソソられる特集だったので購入。 Pen オフィシャルサイト

amazonから連絡。

やはりというか「小説 モノノ怪 海坊主」が発売中止、と。ヨコテミチコどうした!?

シスタアの、エス。

「女學生手帖 大正・昭和 乙女らいふ」返却。 「マリみて」好きお姉様なら、読んだ方がいいと思うよ!

買っていたりポイント使っていたり。

増田こうすけによる「ジャガーさん」がついに掲載。やはりキャラが卑しい。 小説 となりのトトロ (アニメージュ文庫) ジブリ絡み。

届いた。

楽天ポイントだけでゲット。 あれから4年…クラリス回想 (アニメージュ文庫 (C‐004)) やっと。 いや…違うから。オシャレだよ、オシャレ! 壮絶な野良の日常を描く、スゴイ猫漫画。

返却。

「史料が語る大正の東京100話」を途中まで。 分厚いので、地下鉄車内だけじゃ読み切れない。

郵便ポストにブチ込まれ。

楽天ポイントが溜まったので本を幾つか。

返却。

「幕末明治女百話(下)」。上巻同様、女の話は面白い。 監獄を出たり入ったりを繰り返した女囚は、牢内の取締まりを筆頭にした上下関係など時代劇で観るような体験を。

J-WAVEに吹いた。

「デトロイト・メタル・シティ」3、4巻。 サタニック・エンペラー後から根岸が輪を掛けて荒んできて、思い込みにより周囲…そして社会全体が着々と敵となりつつあってもうアカン(笑)

やっと読了。

コミック版「モノノ怪」壱。蜷川ヤエコの画風はピッタリ。

返却。

何故か読むリストに入っていた、三島由紀夫エッセイ集「不道徳教育講座」。 各々付けられた題を見ても“処女・非処女を問題にすべからず”、“日本及び日本人をほめるべし”、“言葉の毒について”など、はてなホッテントリの釣りタイトルになりそうなのがチラホラ…

返却。

吉村昭・著「陸奥爆沈」。 昭和18年6月8日正午、濃霧立ちこめる瀬戸内海柱島泊地にて主力戦艦“陸奥”が突如大爆発、たった数分で沈没した。日本海軍は直ぐさま軍機扱いとし、爆沈事実の漏洩を防ごうと務めた。 敵潜水艦の攻撃?戦艦、弾薬設計における不備?…

返却。

話題になっていた「銃・病原菌・鉄」の上巻。 何故世界各地の先住民は入植者に悉く征服されたのか、何故狩猟採集民は農耕民に土地を奪われたのか。人種に優劣がある事に異を唱え、あらゆる視点から人類の歩み及び文化の発展を考察…読み応え抜群の書。 病原菌…

分割配送。

“映画になったゲーム”ではなく、「ゲームになった映画たち」が届いた。前者だと黒歴史だらけになってしまうしな(笑)*1 監督、俳優、ジャンル分けされた作品の、ドットの粗いレトロゲーから360やPS3のソフトまで網羅。名作ともなると、ATARI時代〜最近のハ…

みなみけスタッフ同人誌「三姉妹日和」を。

いただきましたバカ野郎。 三姉妹日和 - とらのあなWebSite みなみけのスタッフ同人誌のページです

「明治百話(上)」返却。

篠田鉱造ブームなので。 冒頭から斬首刑の執行を家業としていた男の話。斬られる方は、暴れて首を落とされまいとする者も居れば、潔く刑を受け入れる者も居る。斬る方は斬る方で、色々と考えや思いがあり、首を斬る際の心掛け等も興味深い。 あとは、西洋人…

こういうの好きなんです。

最近アキバに出来た「まんだらけコンプレックス」に、週刊少年ジャンプのバックナンバーが揃っているとの事で買ってきた。 自分が世に出た翌日に発売のジャンプ、ちょうど600号。定価は¥150、まんだらけでは¥315だった。 鳥山明はまだ「Dr.スランプ」連載…

「増補 幕末百話」返却。

以前に読んだ「幕末明治女百話(上)」が面白かったので。口語体の文章は読みにくい感はあるが、当時の情景がありありと想像出来て引き込まれる。 大名の婚礼にて醜女の姫の代わりに、美人女中が見合いに出て数日で離縁、なんていう噴飯話から桜田門外の変直後…

この駄ブタが!!

「ギャグマンガ日和」新刊でうすた京介が、無駄に曽良がイケメンの松尾芭蕉エピソードを描いていた。 互いにページを借りて、相手のキャラでコラボ漫画描くみたい。どちらも欠かさず購入しているから楽しみ〜。

「ギャグマンガ日和」巻の9。

「新撰組 -池田屋事件-」がヒドい(笑) ギャグマンガ日和 巻の9―増田こうすけ劇場 (ジャンプコミックス)作者: 増田こうすけ出版社/メーカー: 集英社発売日: 2008/04/04メディア: コミック購入: 7人 クリック: 26回この商品を含むブログ (44件) を見るギャグ…

コンビニ受取りの「きょうの猫村さん 3」

まったり読もう。 きょうの猫村さん 3作者: ほしよりこ出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2008/03/21メディア: コミック購入: 7人 クリック: 226回この商品を含むブログ (227件) を見るきょうの猫村さん(3)

返却。

関東大震災、そしてその後の東京を記録した写真を多数収録。犠牲者の多かった被服廠跡や新吉原の惨状も。瓦礫を前に困惑した様子で手紙の束を見つめる郵便局員、公園や川沿いに建ち並ぶバラック小屋など、復興に向けて奮闘する人々の様子が克明に写されてい…

返却。

短篇モノを一冊。星新一訳によるフレドリック・ブラウンの奇異な物語集。 「電獣ヴァヴェリ」が面白かった。

備忘。

・「きょうの猫村さん 3」 03/21 ・「ギャグマンガ日和」9巻 04/04

返却。

ネット上でオススメされてた一冊。 世界を一瞬にして破滅に導く存在は意外に近くにありますよ、というSF。カルトとは一概に言いにくい奇教・ボコノンの教義を交えつつ、これまた奇妙な人々が織りなす何とも捉えにくい物語。 再読の必要ありそう。

カワ美シャス。

「ピューと吹く!ジャガー」14巻。 阿部さんはガマンじゃなくて、只のドMだと思う…。あとハマーと自分の趣味がカブる(50P)。そして、最後のアシスタント3人によるマンガがひどい(笑)

返却。

何となく借りてみたものの、しゃべりたくなるようなネタが載ってるわけでもなかった。

返却。

江戸時代に起きた出来事について様々な説を引用し、歴史に埋もれた真相に迫る。見世物や講談・落語で面白く脚色されていく内に事実とかけ離れていく、という話。 吉良上野介義央は本当は名君で、浅野内匠頭長矩は神経衰弱的なノイローゼだったという説や、日…

返却。

幕末・明治という激動の時代を過ごした、生き証人である女性達が語った逸話集。 とある一家が上野戦争から逃げようとしたものの官軍がすでに包囲し、生首をぶら下げてからかう者や目の前で斬り合う者もいるものだから逃げ場を失ってしまい、テンパり過ぎて大…

返却。

時代を経て変容していく、様々な“鬼”の伝承。著者による挿し絵に味があってイイ。 「モノノ怪」に出てきた、船幽霊やら海座頭の解説も。

そうか。

増田こうすけの移籍先はここか。 「ジャンプスクエア」を検索されたみなさまに - ジャンプSQ. それにしても、すぐ廃刊…になりそうな誌名だな(笑)

返却。

現代の東京を歩く事によって、世界の各都市とも較べながら、町並みの基本構造となった江戸の盛り場や下町・山の手の移り変わりを探る。 山や海など自然を散策するのとは違う、人工物の愉しみ方。 東京―世界の都市の物語 (文春文庫)作者: 陣内秀信出版社/メー…

返却。

朝廷・皇室による統治を正当化する為にまとめられた日本神話を、世界各地の神話と対比させながら、古代から受け継がれた日本人の思想やルーツを読み解く。 死から再生する事によって優れた能力を身につけるという発想は、世代的にどうしても「ドラゴンボール…

返却。

日比谷焼き討ち事件からの民衆の運動、第一次世界大戦や関東大震災を経て、世界の中の日本社会としての移り変わりを描く。

返却。

各地方の方言全国分布、及び江戸語から東京語への変遷。以前に借りた本より話し言葉の細かい変化に重点を置いている。 東京語の歴史 (中公新書)

返却。

近代日本における、“話しことば”の変遷。 明治以降、政府は東京山手ことばを基にした標準語の教育を始めるが、地方では完璧に話せる教師がいない等、問題が続出。さらに「標準語が優れていて、方言は劣っている」という考え方が生まれ、地方の言葉が淘汰され…

返却。

近代日本の新聞に掲載されたトンデモ広告寄せ集め。明治時代は大麻、昭和初期にはヒロポンの広告まであった。 味の素が何故か殺虫剤のDDT宣伝してたり、日中戦争時には森永製菓の広告で“空爆にキャラメル持って!”なんていうコピーも。

返却。

ドリフ熱が冷めやらぬので。 化け物番組と言われた「8時だョ!全員集合」のプロデューサー・居作昌果氏による著。番組誕生秘話、メンバーの裏話など生々しいエピソード満載。 スゴイ番組の裏には様々な事件があったんだなぁ〜と。 8時だョ!全員集合伝説作者…

忍法「下半身in上半身」。

「ピューと吹く!ジャガー」13巻。 ハマーの何というウザさよ。特に幻の作品「恋人からはじめYO」はキツイ。 経緯は知らないが、イラストを「BLEACH」とか「家庭教師ヒットマンREBORN!」の人が描いてた。

なんというアホ漫画。

真面目を装ってはいるが、終日発情している女子高生さやかのちょいエロドタバタストーリー。 サブキャラの多くがビジュアル強すぎて、さやかが普通に見えてしまう…。似せたらマズイんじゃね?と思われる有名人もチラホラ。 天然華汁さやか(1) (ヤンマガKC…

ファミマ受取り便利スギ。

抜けてた「ギャグマンガ日和」4巻と新刊「ピューと吹く!ジャガー」13巻。 Tポイントを楽天ポイントに変換してタダでゲット。 そういえばジャガーさんが実写映画化って何だ?『魁!!クロマティ高校』みたいなノリ? で、返却。

返却。

憑霊信仰論 妖怪研究への試み (講談社学術文庫)作者: 小松和彦出版社/メーカー: 講談社発売日: 1994/03/04メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 15回この商品を含むブログ (44件) を見る 憑依や呪詛、祈祷と人々の信仰を中心とした論文を収録。 筆者が四国・物…

ずっとタダでゲット。

楽天ポイントがコミック一冊買えるくらい貯まっていたけども、送料分足りない状態。が、ちょうどファミマ受取りだと送料無料キャンペーンやっていたので抜けていた「ギャグマンガ日和」注文。

返却。

コーヒー・ハウス (講談社学術文庫)作者: 小林章夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2000/10/10メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 788回この商品を含むブログ (22件) を見る新聞・雑誌のジャーナリズム、保険のロイズなどの発祥はロンドンのコーヒー・ハウス…

「神と仏」

古代からの神信仰と渡来した仏教の対立と提携の関係。それぞれが時間と共に相互補完され、日本人の宗教観が構築されていったという内容。 「祟る神」「鎮める仏」という構図が興味深かった。

カレンダーとか。

この人の写真は好き。 岩合光昭さん『ネコを撮る』インタビュー - 楽天ブックス

今日返却だった。

忌み名の研究 (講談社学術文庫)作者: 穂積陳重,穂積重行出版社/メーカー: 講談社発売日: 1992/03メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る 忌み名など実名敬避の習俗について。 「軽々しく我が名を口にするでない!」